« タレント生命 | トップページ | ココログにカウンターを! »

『超』の多用

このページをもし見てくれている人が居たら、パソコンを使っていて、インターネット接続環境も手近にあるのですよね。 それで、その中には、パソコンとかインターネットが遅いという不満を持っている人もいますよね。 さらにその中には、某社(ソースネクスト社でしたっけ?)の『超速』とか『驚速』とかの製品を知っている人 もいますよね。で、購入してセットアップした人もいるかもしれませんが、どうでしたか?
『速くなった!』と思う人もいるでしょうし『あんまりかわらない』という人も居るでしょう。 あの手の製品は、ソフトウェアだけで色々工夫をしようという発想なんですが、それはそれで色々 とうまくいかない可能性があるんですが、『超』とか『驚』という漢字をうまく強調することで、 『購買意欲』だけは、確実に加速させているわけですね。 で、買ってインストール(パソコンの中にソフトを組み込む作業)をして、使ってみると、 速くなったり、速くならなかったり、場合によっては遅くなったり、するわけですね、たぶん。
たぶん、と付け加えているのは、私は、その手のソフトをいまいち信用していないのと、必要性も 感じないので、買っていないからです。つまり、現物を見たわけではないということ。 でも、『超』とかいう漢字をネーミングして売るほどのモノかなぁ?という気持ちがあるんです。 (まぁ、ブラウザのリンクを先読みするというのはいいかもしれませんけどね。)それ以外のキャッシュ の機能とかだと、どれ位効くんだろう?!という疑念が拭えません。自身の経験で、もっとも劇的に 速くなったのは、ISDN回線からADSL回線に替えた時ですね。ADSL→FTTH(光ファイバー)のときは、 あまり変わらなかったです。もうひとつ劇的に高速化したケースとしては、パソコンを買い換えた時 ですか。とにかく、パソコンの中身=ソフトウェアで劇的になったことはあまりなくて、パソコン本体とか、 その周辺の機械、回線を替えたときに劇的に高速化したんですわ。だから、ソフトによる高速化っていう ところに今ひとつ賛同できないわけです。
ですから、『超』とかを多用して、製品を売りまくっている事は、 大丈夫なのかなぁ?と思うわけですよ。買うほうも『超』に匹敵する効果を求めて買うわけで、失望させた ら、もう2度と買ってくれませんよね。そりゃ、そういう商売方法=売り逃げ、というのもありますが、 今回はそんな商売方法ではないと思うんですが、心配になってしまうわけですよ・・・。だから『超』の 多用は怖いなぁという話・・・・。

で、最終的に なにが言いたいかっていうと、私は『超』多忙だったというわけで、blogをサボっていた、ということ。 「おまえが『超』という漢字を使ってるじゃん!!」というご指摘もあるかもしれませんが、毎朝会社に普通に行って、 帰りは午前1時とか午前2時とか午前3時っていう状態が一週間ばかし続いたので、「超」使っても いいでしょ?!

|

« タレント生命 | トップページ | ココログにカウンターを! »

「パブリックコメント・思いつき・日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17460/419903

この記事へのトラックバック一覧です: 『超』の多用:

« タレント生命 | トップページ | ココログにカウンターを! »