« 2004年3月7日 - 2004年3月13日 | トップページ | 2004年3月21日 - 2004年3月27日 »

保険ofピーシー

なんのこっちゃ。
ピーシーとは、PC、つまりパソコン。
それの保険というと、ウィルス対策ソフトじゃなくって…

バックアップ

のことね。バックアップ。
簡単にいうと、パソコンが壊れた時のために、データを別の場所に逃がしておく事をいう。
と書くととっても簡単なんだけど、全然そうじゃないんだよねぇ。やり方も逃がしておく場所も様々。
これは例えば家を建てた時に荷物をどこにしまうか、という事と一緒で、だいたいのパターンは決まっている けど、その人の好みでいろんなやり方がある、ということで・・・。 もちろんバックアップなんて取らない人もいますし…でも企業に導入されているコンピュータであれば、絶対といって よいほどバックアップは取られてますね。
さて本題。
じつはパソコンが、私が使っているパソコンがこの一週間で立て続けに2台壊れました。1台目は、まだ修理中 ですが、ディスクが壊れた様な感じなのです。でも、私、なぜか壊れる直前にバックアップを取りました。これが なんというか、凄くラッキーですよね。パソコンのディスクが壊れた経験があるひとは判ると思います。 データの大事さ。これは失った事がないと判らないと思います。メールとか文章とか画像とか。あとは集めた ファイルとか、ブックマーク、ネットで拾った画像、フリーソフト、もういっぱいいっぱい、ディスクの中にため込んでいる 人は多いと思いますけど、そうやって時間をかけたものも、ディスク故障とかで簡単に失われちゃうんです。 だから、大事な手間と時間の結晶はコピーできるのですからどこかに複製をとっておくんです。 そういう意味で、2台目の故障はショックでした。こちらは代替マシンでメールなども全てメインマシンと同じ 内容が貯まるようになっていて、安心して使っていたのですが、電源部分の機械が故障してうんともすんとも いわなくなってしまったんです。でもたまたま使っていないパソコンを入手して、電源部分をすげ替えることができ ました。1台目の修理があがるまでは電源部分を替えた代替機でやり過ごすことになります。
とにかく、この数日間は、バックアップということの重要性を認識させられたわけです。
それでその教訓をここに書いている次第です。
ではバックアップのやり方のいろいろについて書いてみましょう!
バックアップするもの:パソコンの中にある、メールとか画像とかブックマークとかアウトルックのデータとか。

  1. ディスクトゥディスク:普通は2台以上のハードディスクがあるときにディスク間でコピーしてバックアップすることを言う。でも私は、パソコンをLANでつないで、パソコンのネットワークドライブ(共有)にコピーしてしまうこともこれに含めてもいいような気がする。この方法だと、ネットワークのLANの速度が、10Mだと厳しい。100MのLANじゃないとだめでしょうな。バックアップ先が別のパソコンになるので、パソコンが2台必要だけど、同時に2台壊れる事は あまりないと思われる(ただし同じ時期に購入した奴だとわからんけど)。
  2. 焼き焼き:CD-RとかDVD-Rに焼くこと。これの利点は、1台でも出来る、CD-RやDVD-Rだと絶対に書き換えられないから、安心。でもCD-RとかDVD-Rって太陽光の下にさらしておくと記録がぼやけるとかいう噂もありますな。まぁでもほとんどそんなことは無いんじゃないかな。
  3. ネットバックアップ:プロバイダーと契約している人は、サーバ上にWWW公開用の領域をもらっていたりしませんか?そういう場所に重要なファイルをアップロードしてしまうのがこの方法。これだと、プロバイダー側が一生懸命バックアップを取ってくれるハズなので、ユーザとしては楽ができる。ただし、ブロードバンド環境じゃないとアップロードにものすごく時間がかかったりしますので注意。あと企業にお勤めの方の場合、自分のプロバイダーに会社から接続することはまずできなかったりしますね。つまりファイルのアップロードができない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪選考漏れ

高橋尚子さんがオリンピックのマラソン日本代表から選考漏れした事がニュースになっている。さてそれについて…
このオリンピック代表選手の選抜方法は、世界選手権を含め、4つの選考会から3人の代表を選ぶ方式らしい。 今回は、東京大阪名古屋の3レース+世界陸上だったのかな。 で、高橋選手は東京のマラソンにチャレンジしたが2位だった。それ以外の選考レースには出場していない。 だから選ばれなかった。
と書けば簡単なんだが、前のオリンピックで優勝してメダルを取っていて、日本最高記録をもつ人なので少しややこしい。 勝った事があるので次も勝つかもしれないと思う人も居るわけで、おまけに記録上は日本人でもっとも速い人。 東京のマラソンでは2位だったけど 日本代表にしてあげれば良いという意見があったようだ。
選考会は、東京以外に、大阪と名古屋のレース(+世界陸上)も指定されていた。この場合、素直に考えれば、 「東京で2位でだめだったから、残りのレースのどれかに出場して優勝すれば、 オリンピック日本代表に選ばれる」 となるはずだ。でもこの人はそうしなかった。
理由はよく判らないのだが、確かこんな感じだった。
『名古屋のレース(2004.3.14)に出場すると、その後のオリンピック本番までに調整が間に合わない』
私にはこの理由がよく判らなかった。名古屋のレースが選考会に指定されているのは、名古屋のレースに 勝った人が、オリンピックにでる事が可能だという事だ。つまり名古屋のレースを指定した人は、 名古屋のレースで優勝した人にオリンピックに勝ってもらおうと思っていることになる。 つまりそれは、名古屋のレースで優勝した後、オリンピックでのレースまでに調整して出る、ということを意味する。 だから日曜日(2004.3.14)に優勝してオリンピック代表に選ばれた人は、夏のオリンピックまでに調整をして 出場するのだ。が、高橋選手が名古屋のレースに出なかった理由とは矛盾している。 土佐礼子さんという方が名古屋で優勝されたのだが、この人の調整期間と高橋選手の調整期間、そんなに違うの だろうか?まだ3ヶ月以上もあるのに。多少調整期間が違っても初春と盛夏で間に合わないくらいの期間が必要 なんだろうか?東京に出ているから、疲れが残っていて、それで無理して名古屋に出ても、本番では失敗する とでもいいたいのかもしれない。でも本当にオリンピックに出たい人だったら、選考会のマラソンレースの全て に出場してでも優勝をねらうだろう。そして、そのパワーでオリンピックまでに調整してオリンピックを満喫しよう とするのではないか?3つとも出るのは、ちと大変なので、最初と最後をねらうとかは十分やっているひとが いるような気がするが・・・
結局、選考会落選の理由としては、こんなかんじになるのではないだろうか?

  1. 前回のオリンピックでの実績は認める
  2. 名古屋欠場のいいわけは認められない
  3. 今回選ばれた3人は十分な記録を残している
  4. 東京での結果を覆すものが、東京でのレース開催以後見あたらない
  5. 本当にオリンピックに行きたいのなら、名古屋のレースに出てきただろう

どうだろうか?私はど素人なので全くまとをはずしているかもしれないが、

名古屋に出てがんばって優勝して、選考で選ばれたら、「もう疲れたので本番は無理ですから辞退します」 と言う

くらいの気持ちが無かったのが敗因ではないだろうか?
使い古された言い回しでいうと「初心を忘れた」「ハングリー精神」とかでしょうか?
選考委員会の人々は、そういうのが好きかもしれない。
名古屋を欠場したのは、もし代表に選ばれるとしたらベストな選択だったのかもしれないが、あまりに計算しすぎた。 甲子園の高校野球で、決勝戦で勝つことを考えて準決勝で2番手のピッチャーだけで臨んで交代できずに敗戦 して決勝戦に出られないようなもんだ…。オリンピックに出たいひとたちはやまほど居て、みんな必死で走ってくる のに、その気持ちを忘れて、戦術に陥ったら、そりゃやっぱ出場は無理だろう。
年齢的なものもあるかもしれないが、でも自分が休んでいる間にいい記録で優勝されたら、それは世代交代で あってやはり選考漏れになるだろう・・・。
選考レースという場が用意してあって、正々堂々戦って勝った人が、オリンピック出場の権利を勝ち取る。 選手の選考委員会は正しい判断をしたと思う。


P.S.
なんか土佐選手の合宿所に脅迫電話が入っているとか、いやなニュースもあります。
あとは、名古屋では大した記録が出ないだろうとたかをくくっていたというニュースも見ました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2004年3月7日 - 2004年3月13日 | トップページ | 2004年3月21日 - 2004年3月27日 »