« 2004年4月4日 - 2004年4月10日 | トップページ | 2004年4月18日 - 2004年4月24日 »

アシスタントがおもしろい

パソコン関連のグッズとかを、二人でぺちゃくちゃしゃべりながら紹介している、動画です。
スタパトロニクスTV
これ、昔からパソコン雑誌にいろいろ記事を書いていた「スタパ斉藤」という人とアシスタントの「竹内ゆう紀」という 人が、話題のグッズ等を自然な感覚でいじりまくるという番組(=インターネット動画配信)ですが、 このアシスタントのかた、お綺麗なわりに、かっこつけないというか本音トーク全開というか、おもしろいんですわ。 金銭感覚も普通だし。 この番組みててよく知っている人は、私の文章なんか読まなくてもよいですが、見たことない人は、一回、 自分の欲しいモノを探してそれについて二人が語っているのを見てみてください。けっこうおもしろいです。 「わたしこんなの買わない」とか「これはダメじゃん」とか言ってくれたりして、スポンサー付き番組なら 絶対に言えない、そういうセリフが聞けます。 あとこのスタパさん、自腹を切って製品を買って、それについて記事を 書くということで有名みたいで、(番組中たまにメーカー提供試用品みたいなものもありますが、)、そういう人 はなかなか細かい使い勝手に厳しく、見ている方はそれだけでも得した気分になれます。 でも一番おもしろいのは二人の掛け合いトークかなぁ…台本があったりとか、計算しているわけじゃなくて、 相性で掛け合いトークがうまくいっている様な気がします。編集も絶妙なのかも…。 以前は竹内さんじゃないアシスタントさん だったのですが、竹内氏ほどおもしろくないんだよね…。でも、たけうちゆう紀ちゃんが売れっ子になると、 インターネット動画とかには出てくれなくなっちゃうんじゃないだろーなぁ…と心配しています♪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱自タイヤ脱落事故和解交渉決裂

三菱自のタイヤ脱落死亡事故、和解交渉が決裂

いろいろと忙しいんですが、このニュースにはコメントしたくなった。
作った車の欠陥で人を殺しておいて、和解させてくれとお願いしておいて、そんなお金は払えません…って
アンタ、その欠陥車でなんぼもうけたんや?!
(大阪弁?!)


えーと…被害者の方の遺族の方からは、「制裁的慰謝料」なるものが要求されたとかで、まぁこの余分な慰謝料を いくらもらっても、死んだ娘さんは戻ってこないわけですな。でもまぁ相場より多いお金は手に入ってしまう…でも、そんなお金の事はどうでもよくて、この件が報道されることを三菱がどうおもっているか、が気になります。

雪印や三菱は一生ゆるさへんで

そう思っている消費者はどのくらいいるのでしょうか?
イメージって大切なんじゃないでしょうか??!
ここで「制裁的慰謝料」を払う事で、イメージは悪くはなりませんわな。よくもならないと思うけど。
で、「制裁的慰謝料」を払わない事で、どうなるか?イメージ?よい?
よいとは思えないなぁ…それって、相場とかを意識しているってことで、命に値段つけていることでしょう?! 「私ら=三菱が作った自動車の欠陥で死んだアンタの娘さんの値段は、xxxx万円や。アンタがいま要求している xxxxxxx万円は払えませんわ」って。簡単にいえばそういうことや。だから感じ悪い。
まぁ苦しい台所事情もあるだろうからよけいなお金を出費したくないってのもあるでしょうが、もの凄いお金をかけて いる、広告費や、WRC等の費用がふっとぶほどのダメージをもつ、「ニュース」として情報が一人歩きする怖さって 全く考えなかったのだろうか?それとも、「消費者なんてバカばっかり。俺たちの作った車を買え!」ってな 感じで気にしないでいたのだろうか?!それって経営陣として、「バカ?!」みたいな疑問がわきますが。
被害者の方に制裁のお金を払うのに、抵抗があるとしても、 「交通遺児あしなが育英会」に寄付するとかいう手もあるでしょう…「社会的制裁は十分に受けた」なんて 誰も言ってくれませんよ…逆に、そういう「企業として今までの問題をまじめに考えていることを 世間にたいしてアピールする機会」とかのような前向きなとらえ方は出来なかったのだろうか?!
もちろんそんな打算的な面をあからさまにされても困りますが…
法人として、そんなに簡単に体質が変わるとは思えないし、がんばって改善に向かわなければならないのに、 そういう事がいっさい出来ていないような気がする。ダイムラーに買収されて管理職のクビをすげかえれば、 なんとかなるかもしれませんが、ダイムラーは、いまの「失われた信用」を取り戻すのに、もの凄く苦労する かも。日本の消費者をなめてはいけない。雪印の食中毒事件や、三菱のリコール隠しと、ハブ脱落事件は 絶対に忘れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サハシ@渡辺美里

ココログのカテゴリ『音楽』は、なぜ、カテゴリリストの一番下にあるのだ?!
閑話休題。
昔、渡辺美里をよく聞いていた事があった。この人の音楽は、聴いている人はかなり聞き込んでいて、 聞いていない人は全く知らない、と思うんだが違うだろうか?好き嫌いが激しそうな感じがするのだ。 私の場合は、やはりかなりの回数を聞き込んでいるんだが、聞き込むと同時に歌詞カードとかジャケット等に もよく目を凝らしていた。それで作曲者のところに同じ名前が多いことに気づいたわけだ。特に自分が 気に入っている曲の作曲者に同じ名前がよく出てくる。それが、sahasiだった。
でもsahasiってなに?ペンネーム?と、よく判らないまま時間が経ってしまった。それで 最近でもないがちょっと前にソロアルバムを出したのを知ったんだが、そのときは、 自身が倹約家状態だったのでちょっと手を出せずに居た。そしてしばらくして金銭的余裕が出て きたんだけど、探しても全然見つからない。まぁ店頭で探しただけでデータベースとか、本を見た わけじゃないので、100%本気じゃなかった。が、最近思い直すことがあって、音楽との出会いと いうのも、一期一会的に考えた方がよいのではないかということ。知識として知っているつもりでも 自身の知識自体が忘却に変わるおそれもあるので、物理的に手元においておこう、ということだ。 それで、いちばん手軽にそういうところを解決してくれそうなのが、amazonだと思った私はさっそく 佐橋で検索した。最近「松たか子」と噂になったとかで芸能ニュースに名前がバシバシ出ているので、 漢字の名前はすぐにわかったので、それを入力。すると、出てくるわ出てくるわ。109件もヒット。しかも ほとんどが人のアルバムとかシングルばっかり。佐橋氏自身の曲は無いのか?と探していくと、 売り上げ順の最後にぽつり「在庫切れ」状態。うーむ。天下のAmazonですら、在庫切れかよ!と 舌打ち一回、の私でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココログにカウンターを!

ココログには、カウンターがありません。私は、カウンターを付けたかったので、色々調べて付けました。その方法をここでご紹介します。

  1. カウンターのURL
    まず、カウンターそのものを何とかしなければなりません。それには、@niftyのサービスが一番簡単みたいです。すでにカウンターを別のサイトで構築しているひとは、そちらの仕組みを使ってもいいでしょう。また自分で新たに作ってもいいですね。
  2. URLを貼る
    いったいどこに貼るんだ?と思っていましたが、以下のいずれかのようです。
    • サブタイトルの文中
    • マイリストのリンクカテゴリ中
  3. 完成♪

おおまかに書きました。詳しくは、『埼玉住人』さんのサイトをご覧下さい。
http://urawareds.cocolog-nifty.com/urawareds/2003/12/post_3.html
『埼玉住人』さんのサイトによると、マッキントッシュユーザ≒マックユーザのブラウザだと きれいに出ないらしいです。スタイルシートの指定とかが必要みたいです。私は、IEを 使っていないWindowsユーザなのですが、(Mozilla  FireFoxを使っています) ちゃんと見えています。あと私のカウンターはニフティではありません(ここカウンターを自分 のサブプロバイダーに設置して使用しています)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月4日 - 2004年4月10日 | トップページ | 2004年4月18日 - 2004年4月24日 »