« 2004年5月30日 - 2004年6月5日 | トップページ | 2004年6月20日 - 2004年6月26日 »

MOVE

普段は、4気筒4WD4カム16バルヴ(ブよりヴなのだ♪)の2000cc、220馬力車に乗っているんだが、 最近数週間、低回転時のガラガラ音がひどくなってきたために修理に出した。原因はほぼわかっていて、 マフラーの遮熱板が割れたためだ。これはウチの車は持病らしく、インターネットで検索してもよくトラブルに なっている様だ。まぁ何年間かに一回位の程度なので、リコールとかにはなっていないようだが…。 とにかくそれで金曜日の夕刻に懇意にしている自動車修理工場屋さんにひきとってもらった。が、アシが ないと困るのだ。駅から歩いて25分もかかる土地なので、買い物等不便でままならないのだ。じつは今 修理をお願いしている自動車修理工場屋さんは、代車を気軽に出してくださるので、助かっている。で、 今回も貸して頂いた。それが、タイトルにもしましたが、ダイハツのMOVE!。
走行距離がまだ6450km程度の真新しい車でした。修理に出した車ちゃんは、平成5年式なので、10年 選手、MOVEのほうがだいぶ現代的なはず…そういう車をあっさりと代車にしてくれてとっても太っ腹というか、 顧客冥利…まぁとにかく、乗ってみる。
っとそのまえに、MOVEの正確な情報はこちら
まずは、電波式とおぼしき、リモコンでドアをあける。うちの車もリモコンだが、赤外線式なので離れていると全然 効かないが、MOVEのそれは離れていても反応するし、ハザードランプが点灯≒アンサーバックする。 そして乗り込む。うちの車はマニュアル(MT)だが、これはAT。ATレバーは、コラムシフトタイプ。足下は 助手席側にウォークスルーだ。サイドブレーキは、クラッチペダル位置で、踏み込んでロック、もう一回踏むと解除、 という奇妙なもの…昔のTOYOTAのAT車だと、踏み込んでロックだが、解除は別のレバーを引く、という のが多かったので、違和感。まぁいいか。
キーをさしこんでエンジンをかける。排気量660ccなので、2000ccのうちの車とはだいぶ感じが違う。でキー をひねる点は、従来方式ですな。最近の新しい車はキーをさしこまずにポケットなんかに入れたままで、キーが 車内にあるだけで、エンジンスターターボタンによりエンジン始動が出来る、みたいなシステムがあるみたい。 さすがにそれはなかった。でも目の前に、エアバッグという文字とか、エアバッグ警告灯なんかが点灯して、これも 少し感動。だってうちの車はエアバッグもABSも無いんだもん。まぁABS無くてもたいていの雪道でスピンしない 方法は身につけたつもりだが(というか身につけるまえに何回かスピンしている…幸い無傷ですんだが…)。 それは負け惜しみか(笑。とにかく、警告灯がいろいろあるが…よくみると、タコメーターと水温計がない。でも 低水温警告灯みたいなのを確認…へぇ(ボタン)。
でさっそうとスタート!と思ったがうちは車を出すときはかなりの上り坂…でも低水温警告灯がついたままで しかもエアコンON。こりゃぁ660にはしんどかったようで、エンジンはうなりをあげるあげる。AT車なので、 ドライバーが回転数のコントロールをしないで済むというか、コントロールはできない。エアコンのコンプレッサー も回さないといけないし、坂道も上らなければならないっちゅーんで、車のコンピュータは、かなり高い回転数 をエンジンに指示したもよう…。とにかく坂道を上って出発…。
しばらく走る。家の周囲は坂道だらけ、あがったりさがったり。しかも道はくねくね。で、660のエンジンは、 かなり綺麗に廻るけど、トルクがない…ってWebみたらNAでも58ps出てる…ターボ車なら64psはお約束と してもNAの馬力は昔の軽自動車時代に比べてかなりあがっていたのに気づきました。でもAT車なので、 アクセルの踏み加減とかで、エンジン回転は勝手にコントロールされてしまっている。やっぱりATは気持ち悪い。 まぁMTに乗れない人には全く判らない感覚でしょうけど(笑)
ハンドリングはFFで、アンダーステアってやつですか、全然曲がらない感じ。いまの車はすごくよく曲がるという ことがよくわかった…。あとブレーキはよく利く。車重が軽いからか、よく利く。車重は、車検証をみたところ乾燥重量 が800kg+α。昔乗っていた軽自動車(L100V)が、620kgだったが、MOVEは内部が広い分重くなっている みたい。そのわりには64馬力規制とかが残っていて、重くなった分、不利かも。でもやっぱり広いのは凄い良い。 使いやすいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月30日 - 2004年6月5日 | トップページ | 2004年6月20日 - 2004年6月26日 »