« 2004年9月19日 - 2004年9月25日 | トップページ | 2004年10月31日 - 2004年11月6日 »

ギガは10億

久しぶりの更新。洗濯物は干さないといけないし明日の朝は用事があるし今は今でお風呂からあがった直後なんですけど、とりあえず、タイトルをみて欲しいって感じかなと。「ギガは10億」っていったいなに?って感じですが、コンピュータで使う単位を、朝日新聞のWeb(アサヒコムか。)で、こう説明していたんですわ。SONYが、1TB(テラバイト)のHDDを内蔵したパソコンを販売するとかなんとかという記事で。
でも、こんな「ギガは10億」って聞いて、ピーンと来る(≒直感的にわかる)人なんて居るの?居ないよねぇ?
銀行に勤めていても10億円を扱う事はあまりないでしょう…まぁ企業人なら色々と大きなお金を扱うことはあるとしても10億だから何なの?って感じなのは、みんないっしょなのではないでしょうか?
で、何が言いたいかっていうと、結局だれもかれも、「ギガは10億」って言われてもピンと来ないのに、そんな表現を記事にしてしまう某新聞社に文句を言っているわけですわ。そりゃ端的にそこいらのおじいちゃんとかに、ギガという言葉を説明することは出来ますわ、「ギガは10億」という表現で。でも、それって単なる正確な知識であって全然使える知識じゃないでしょ?!。
孫に聞かれて「ギガは、10億じゃよ」って答えても何にもかっこよくないでしょう?!まぁ「よく知ってるなぁ、さすがおじいさん」とか言われるかもしれませんが。結局使える知識に換算すると「1ギガというのは、音楽をデジタルで録音したときに、100分録音できる容量」とかそういう言い方じゃないと。まぁ圧縮をかけるとかどういう音質で録音するか、等でいろいろ変わってくるんで、そこまで判ってあえて「ギガは10億」とか言っているのかもしれませんが。でもそんなに記者のプライドを守らなくてもその辺は、日本のカタログ等でおなじみの「注釈」というやつで補足すればいいじゃない。wmaなどの圧縮を使わない場合の録音方法での録音時間です。等と。判っている人は、ちゃんと補足はいってるな、って思うし判らない人は判らないなりに、「ギガ」の意味をとらえることができると思うなぁ。そういう意味で「テラ」のパソコンをニュースとして扱っている中で「ギガは10億」とかって解説するなら、ちゃんと「1テラ=1000ギガ」って補足しなくていいのか?とか、1テラで、いったいテレビ番組は何時間録画できるねん?っていう読者の気持ちを汲んでくださいみたいな。まぁまたmpgの形式とかで録画可能時間は変わるとは思いますがそこは、それ、例えばの話でも十分なわけで「NHKの朝の連ドラを1年分録画するのに、××ギガ≒×.××テラ必要」などと適当に書いておけばいいのに。あとはもっと簡単に、「データ用DVD250枚分」とかの表現もありかな。しかし全く読者に気が利いていない「ギガは10億」という文に対する文句でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年9月19日 - 2004年9月25日 | トップページ | 2004年10月31日 - 2004年11月6日 »