トップページ | 2004年2月15日 - 2004年2月21日 »

可愛い

ぶつけると光るダイオードを京都の会社が作ったらしいんです。そのニュースを紹介していたヤフーのページに でていた女性が、とっても…
prettygirl.jpg
そう思いません?>男性諸氏
こういうメーカー系の広報記事の女性っていうのは、メーカーの社員の人なのでしょうか?
だからといってその会社に行ってストーカーしたりするつもりはありませんけど。
この画像は、

http://jp.a1.yimg.com/7/50/6316/1076419483/img.news.yahoo.co.jp/images/20040210/kyt/20040210-00000065-kyt-l26-thum-000.jpg

から引用しています。 気に入った人は、京都新聞のサイトへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マ社

某所で見かけたのだが、いったいなんなのだこれは。 いや、省略は日本の文化、ハイコンテクスト文化とか言われて久しいとは思うが、 ちょっと省きすぎではないの? まぁ文章の途中からこの表現になっているわけで、いきなり見出しから「ましゃ」ではないんだけどさ。 だいたいこの某所では、前にもスーパーコンピュータを「すぱこん」とやらかして一騒動あったと思う。 やっぱりこのときも、略し方がいただけないということだったと思う。 まぁ確かに「長音記号ー」が多いと間抜けなので略して字数を稼いだのだとは思うが (活字がどんどん大きくなっているので文字数制限があると思われるわけだ・・・) パワードサブウーハーをパワサブウハって言う?・・・あ?言う?汗。 うーん、例えばオーディオショップなどの現場では言っているかもしれんなぁ・・・。 で、原点に立ち返ってタイトルの「ましゃ」についてですが、コンピュータ業界では、 「げいつんとこ」などといわれている可能性があるにしても「ましゃ」は使われていないと 思う。 え?使ってる?略すの好きだからなぁ、日本人(俺も)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終身刑

<スイス>性犯罪は終身刑 国民投票で承認

これは2004年2月8日のスイスの国民投票で決まったらしい。危険な性犯罪者を社会から一生隔離するとのこと。 確かアメリカの法律で、エミー法だっけ?性犯罪の被害にあった子供さんの名前の法律があったと思うが、こっちは、 性犯罪者のデータベースを一般に公開しているというものだった。例えば比較的軽微な犯罪で服役した場合は出所して仕事についたりすることもあるわけで、そういう人を検索可能にしている。だから最近引っ越してきたナントカさんは、 素行が変だからちょっと調べてみよう~あら、このひと前科者だわ、しかも性犯罪だわ、いやだわ、お付き合いはしない でおきましょう!なんてことになるわけだ。こういうステレオタイプ=先入観というのを一度もたれるとその信頼を回復するのはものすごく大変なことなので、服役して罪は償ったはずの前科者にはものすごく厳しい状態なわけだ。だが、 そういうことは承知したうえでこの法律は成立したはず。で、スイスの国民投票の方は、もっと厳しくて、専門家が更正 不可と判断したら、一生刑務所暮らしになるみたいなんだなこれが。それって国の方も大変なんじゃないの?とか、 一生ご飯にありつけるっていう不貞な動機で犯罪に走る連中・・・はいないか。そういうやつはコソドロになっているかな?とにかく劇的な、しかし、現代において人間が直面している問題を浮き彫りにする様な投票結果だなぁという 感じです。でもなんだかんだいっても一番思ったのは、「日本でもやってほしい」ってやつですな。とくに性犯罪に 限らずで、例えば神戸で子供を殺した「さかきばら」とかいうやつが出所するとかでマスコミが大騒ぎしているが、 彼なんかは、私の考えでいけばまず、「更正不可」なタイプだと思うので、永遠に刑務所で問題ないのではないかと 思う。どうせまた人に迷惑をかけると思うからな・・・とはいってもこの判断を下すのは、スイスのやり方であれば専門家なので素人がくちを挟めるものではないんだが。最近は子供を狙った誘拐事件とかが多いので、国会議員の 方々は、このスイスのやり方を見習って法案を作成してみてほしい、党に頼ったりせずに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のぞみと在来線が続けて

ニュースより:のぞみと在来線が続けて人はねる? 愛知、先頭車両に穴

なんで新幹線の線路に人が入るのかなぁ?と思う。 と思ったら自殺した郵便局員だったとか。うーん、わざわざ人に迷惑をかけて死ぬことはなかろうに。 だいたいかなりの高さの壁(塀?)を乗り越えて線路に侵入してる。それ位の根性があるなら、 仕事も持っているんだからもう少し努力の余地があったろうに・・・。 などと言ってもそんなことは本人もわかっていただろうし、それでも敢えて自殺という解決にならない 解決方法を選んだのだからいろいろ事情はあっただろう。でも やっぱりこの時代に公共交通機関に飛び込むなんて、我々一般人からすれば悪以外のなにものでもない。 そういう交通に与える即興的な問題もあるが、今回は新幹線に対するイメージが若干損なわれてしまった 気もする。先端に穴が開いてしまった500系のぞみの姿は痛々しい。 ただでさえ車両価格が高くて本数が少ないのに、壊されてしまった・・・。 (余談だが私はわざわざ500系を狙って乗るのだ) 前に駅弁か何かをかっていて乗り遅れてあわてて乗ろうとしてドアに手を挟まれて誰も気づかずに 新幹線が動き出して死んだ人が居たが、確か初めての死亡事故だった。 このときも、かわいそうではあったが、なんでこういう事故が発生するんだ?という疑問があった。 今回は飛び込み自殺なので自殺者の方が法律に違反していてJR側には全く 落ち度がない。だから、新幹線の安全というニュースにはならないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年2月15日 - 2004年2月21日 »